カテゴリー別アーカイブ: Amazing Group

メイクの上から乾燥対策♪

 

みなさん、こんにちは!

美容大好き♪Amazing Group広報担当の高坂です\(^o^)/

 

今の季節、何といっても気になるのが「乾燥」ですよね。

暖房によって、室内はカッラカラ(>_<)

 

朝ばっちりメイクをしたのに、お昼ぐらいには

顎や頬がカサついて粉をふいている。。。

そんな経験ありませんか?

b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_s

 

 

 

 

 

 

メイクは崩したくないけど、乾燥も防ぎたーーーい!

 

今回は、そんな方にオススメ!

メイクの上から出来る保湿方法をご紹介したいと思います☆

 

セラミド配合の美容液を塗りましょう!!!

c16d0e9cf02aa2015ac2c4f261719c0d_l

 

 

 

 

 

セラミド配合の美容液を手のひらに広げ、乾燥した部分を軽く押さえるように保湿します。

「そんなことして、メイクは崩れないの!?」と思われるかもしれませんが、こすらなければ

メイクが崩れることはありませんのでご安心を。

こすらず、軽く押さえるのがポイントです☆

 

●「セラミド配合」の美容液を使う理由は?

答えは簡単!

セラミドが最強の保湿成分だから!!!

セラミドは水分を強力にはさみ込んでキープする特性があり、

湿度が下がっても、肌内部に水分を保持してくれるんですよ(*´∨`*)

 

●セラミド配合の美容液はどうやって選ぶ?

「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」のいずれかが配合されているものを選びましょう。

これらは特に保水力に優れ、実際に人間の皮膚に存在する成分なので

安心してご使用いただけます。

 

セラミドは比較的高価なものです。

極端に価格が安いものだと、微量しか含まれていなかったり、

セラミドと似た働きをする別の保湿成分が配合されていたりするので注意が必要です。

成分表示はしっかり確認し、価格は3,000円以上のものを目安に選ぶと良いでしょう。

 

オススメのセラミド配合美容液こちら☆

AXI エターブライトセラム

 

 

 

 

 

 

 

AXIエターブライトセラム(高機能美容液)

【30ml】 10,800円(税込)

 

こちらは「セラミド3」が配合された美容液です。

セラミド3の他にも、肌機能を高める保湿成分を贅沢に配合し、

ふっくらもちもちの肌へと導きます☆

 

日中の乾燥対策!

効果を実感したい方には、ぜひぜひ試していただきたい方法です\(^o^)/

 

 

お肌のお悩みは、AUBE hair&make千歳店ビューティースタッフまで
お気軽にご相談ください☆

 

AUBE hair&make オーブ ヘア&メイク 千歳店
〒940-0082  新潟県長岡市千歳2-9-1
TEL:0 2 5 8 – 9 4 – 4 5 6 8

 

美肌を支える5つのこと【毛細血管】

 

みなさん、こんにちは!

美容大好き♪Amazing Group広報担当の高坂です\(^o^)/

 

今回は、『美肌を支える5つのこと』最後の1つ!

【毛細血管】ついてご紹介します♪

すごく、すごーく大切な役割を担っているんですよ!

 

●毛細血管の役割

基底層の働き【ターンオーバー】

 

 

 

 

 

お肌の真皮内にある毛細血管を流れる血液には、酸素や栄養を肌細胞に届ける役割があります。

その血液の流れが滞ると、酸素や栄養が十分に行き渡らず、お肌の新陳代謝が乱れてしまいます。

そして、「くすみ」や「ゴワつき」「肌荒れ」など、様々な肌トラブルを招いてしまうのです。

 

 

●血行を良くすることが大切

肌ケア

 

 

 

 

 

美肌を保つためには、肌内部にある毛細血管の血行を良くすることが大切です。

オススメの血行促進方法は、ズバリ『炭酸美容』!!!

文字通り、炭酸が溶け込んだアイテムを使ってスキンケアをすることです!

 

 

●なぜ、炭酸が血行を良くしてくれるのか

water_00061

 

 

 

 

 

炭酸とは、水に二酸化炭素(炭酸ガス)が溶け込んだもののことです。

水に溶けた炭酸は非常に小さい分子構造をしているので、肌に浸透しやすいのが特徴です。

炭酸が肌に浸透し、毛細血管まで到達すると、血液中の二酸化炭素濃度が高くなります。

そうすると、体は「酸素が足りない!」と勘違いして、血液から酸素を取り込もうとします。

この時、毛細血管が拡張し、血行が良くなるのです。

 

 

実は私も、毎日の夜洗顔で炭酸洗顔フォームを使用しています(*´∨`*)

くすみがちだった肌も少しずつ明るくなり、ゴワつきも感じなくなりましたよ♪

オススメはこちら☆

元気な肌を作る!?  魅惑の炭酸パワー☆_20180209_3

AXIスパークリングフォームクリーミィ (炭酸洗顔フォーム)
【230g】 ¥3,456(税込)

濃密な炭酸泡で、お肌に負担をかけずに、汚れをしっかり落としてくれます!

ちなみに、こちらの商品にはコラーゲンも沢山配合されています♪

つっぱらず、しっとりした洗い上がりも魅力です(●´艸`)

 

 

その他の炭酸化粧品もご用意しております\(^o^)/

詳しくは、AUBE hair&make千歳店ビューティースタッフまで

お気軽にお問い合わせください☆

 

 

 

AUBE hair&make オーブ ヘア&メイク 千歳店
〒940-0082  新潟県長岡市千歳2-9-1
TEL:0 2 5 8 – 9 4 – 4 5 6 8

 

美肌を支える5つのこと【線維芽細胞】

 

みなさん、こんにちは!

美容大好き♪Amazing Group広報担当の高坂です\(^o^)/

 

今回は真皮の中にある「線維芽細胞」についてご紹介します☆

実は、シワ・たるみ予防の鍵を握るのが「線維芽細胞」なんですよ\(◎o◎)/!

 

 

●線維芽細胞とは?

真皮 肌構造

 

 

 

 

 

真皮は、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの

成分で構成されています。

これらは、肌の弾力やハリを保つ役割を担っており、

減少するとシワやたるみの原因となってしまいます。

線維芽細胞は真皮内にあり、せっせっと

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの成分を作り出しています。

真皮を作るお母さんのような役割をしているのですね。

 

 

●線維芽細胞が衰えると…

424e5e32fdbb6451c7ab05b3604a8b3d_m

 

 

 

 

 

 

線維芽細胞は加齢によって、数が減ったり、働きが衰えたりします。

そうすると、肌の弾力を保つのに必要なコラーゲンやエラスチン、

ヒアルロン酸が減少してしまうことに。。。

若いうちはピンとハリのある肌を保てていたのに、

年齢を重ねるとシワやたるみに悩まされるようになるのは

このためなんですね。

 

 

●線維芽細胞に元気を与えよう!

シワやたるみは予防が肝心です。

ハリや弾力をキープするために、日々のケアをしっかりしていきましょう!

 

*アンチエイジング化粧品で、線維芽細胞の活力アップ!

62a957cba3cc85e8152a8783aa4cba21_m

 

 

 

 

 

アンチエイジング化粧品には、たいてい線維芽細胞を活性化する成分が

配合されています。毎日のケアの中で、線維芽細胞に元気を与えてあげましょう!

 

 

*しっかり紫外線対策をしましょう!

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_l

 

 

 

 

 

紫外線はコラーゲンやエラスチンを変性させるので、

シワやたるみを加速させてしまいます。

紫外線対策は、春や夏だけでなく、1年を通して行うようにしましょう。

長時間 日に当たることのない日常生活では、

SPF30~35 PA+++ ほどの刺激が少ないものを使用するのがオススメです。

 

 

*酸化・糖化に気をつけましょう!

0c73377e0985da07ecc74198796aab0e_l

 

 

 

 

 

 

酸化や糖化も真皮内の成分を変性させてしまうので、注意が必要です。

以前のブログで酸化と糖化についてご紹介していますので、

ぜひ、そちらもチェックしてみてください!

 

 

線維芽細胞を元気にして、

若々しくハリのある肌をキープしたいですねo(*´∨`*)o

 

美肌を支える5つのこと【基底層】

 

みなさん、こんにちは!

美容大好き♪Amazing Group広報担当の高坂です\(^o^)/

 

今回は、美肌を支える縁の下の力持ち!「基底層」についてご紹介します!

肌を育み、守ってくれているんですよo(^-^)o

 

●基底層とは?

表皮の一番下にある基底細胞の層です。

シミを生成するメラノサイトも存在します。

表皮 肌構造

 

 

 

 

 

 

●基底層の役割とは?

【表皮を育む】

基底層の働き【ターンオーバー】

 

 

 

 

 

基底層はターンオーバーのスタート地点。

毛細血管から栄養と酸素が供給されると、

基底層にある細胞が必要に応じて細胞分裂をし、

新しい表皮細胞が作り出されます。

基底層があるから、私達のお肌は絶えず再生を繰り返し、

健やかな状態を保てているのです。

 

 

【真皮を守る】

基底層は、基底膜という薄い膜と真皮の線維と結合し、

真皮を強力に守ってくれています。

表皮はターンオーバーをしているのでダメージを受けても

再生できますが、真皮までダメージが及んでしまうと

完全には元に戻らなくなってしまうためです。

 

 

【真皮を紫外線から守る】

基底層にはもう1つ大切な役割があります。

それは紫外線から真皮を守ること。

基底層にはシミのもととなるメラニンを生成する

メラノサイトが存在します。

基底層でメラニンを作ることで、

真皮にまで紫外線が届かないように

ブロックしているのです。

メラニンが黒いカーテンだとして、それを盾にして、

紫外線を跳ね返しているイメージです。

 

 

●基底層の力が衰えると…

加齢によって基底層・基底膜は衰えていきます。

そうすると、表皮に存在するはずだったメラニンが

真皮にまで及んでしまうことがあります。

真皮内に入ってしまったメラニンは、

頑固なシミとして残ってしまうことに。。。

年齢を重ねるとシミができやすくなるのは、

基底層・基底膜が衰えてしまうからなのです。

 

 

●基底層に元気を与えよう!

老化予防のためにも、基底層がしっかり働けるように、

栄養と酸素を届けることが大切です!

 

*バランスの良い食事を心掛ける

偏った食生活で栄養源が不足すると、お肌への栄養も不足してしまいます。

 

*血行を促進する

栄養と酸素は、毛細血管を流れる血液によって運ばれます。

血流が滞ってしまうと、それが行き渡らず、基底層の働きが弱まってしまいます。

 

血行を促進するのに一番おすすめなのが、高濃度の炭酸が配合されたスキンケア商品を使うこと!

手軽に始められるのが良いですね(*´∨`*)

 

 

規則正しい生活や、正しいスキンケアで基底層の働きを保ちましょう!

 

 

次回は、若さの源「線維芽細胞」について詳しくご紹介します!

ぜひご覧くださいませ\(^o^)/

 

美肌を支える5つのこと【バリア機能】

 

みなさん、こんにちは!

美容大好き♪Amazing Group広報担当の高坂です\(^o^)/

 

今回は「お肌のバリア機能」についてご紹介します!

 

●バリア機能とは?

肌を外部のあらゆる刺激から守る機能のことです。

肌から水分が蒸発するのも防いでくれます。

バリア機能を担っているのは、表皮の一番外側にある角層です。

角層の厚さは、わずか0.02mm。

そんなに薄くて、肌を守れるのでしょうか??

実は、その構造に肌を守る秘密があります。

 

 

●角層の構造

角層は約20層の「角質細胞」が積み重なり、その細胞の隙間を

「角質細胞間脂質」がぴったりと埋め尽くすようにできています。

角層・角質細胞間脂質

 

 

 

 

 

例えるなら、「角質細胞」がレンガ、「角質細胞間脂質」が

セメントといったところでしょうか。

幾重にも重なったレンガの隙間をセメントが埋めているような状態です。

この細胞同士を密着させる構造によって、

肌内部に異物が入り込まないように防ぐと同時に、

肌から水分が蒸発しないように防いでくれています。

 

 

●角質細胞間脂質の主な成分は「セラミド 」

細胞同士をくっつける役割の「角質細胞間脂質」にはいくつか種類があります。

その代表的な成分は「セラミド」です。

角質細胞間脂質の約40%を占めており、高い水分保持力を持っています。

セラミドは保湿力が最も高い保湿物質でもあるのです。

 

健康な角層はセラミドが十分にあり、細胞同士をしっかりつなぎ止めています。

ところが、これが減少すると、角質細胞がぐらついて剥がれ落ちたり、

隙間が空いたりしてしまいます。

バリア機能

 

 

 

 

 

そうするとバリア機能が弱まり、外部からの刺激を受けやすくなったり、乾燥したり。

肌荒れに繋がってしまうのです。

 

セラミドは、正常なバリア機能を保つ上で欠かせない存在ですね。

 

もともとセラミドは肌が自ら作り出すことができる保湿物質です。

しかし、様々な要因で、その作り出す力が弱まってしまうことがあります。

バリア機能を保つためには、正しく保湿をしてセラミドを補ってあげることが大切です。

 

「正しい保湿」ついては、また別の機会にご紹介しますね☆

引き続きブログを読んでいただけたら、うれしいです(*´∨`*)

 

 

次回は、表皮の一部「基底層」について詳しく見ていきます。

実はこの基底層。すごいんですよ。。。☆

 

ぜひぜひ、ご覧くださいませ\(^o^)/

 

美肌を支える5つのこと【ターンオーバー】

 

みなさん、こんにちは!

美容大好き♪Amazing Group広報担当の高坂です\(^o^)/

 

前回までのブログでは、表皮と真皮についてご紹介してきました。

ざっとおさらいすると、

表皮は「水分を保持し、外から守る」、真皮は「弾力を保ち、中から支える」

役割を担っています。

表皮の厚さが約0.2mm、真皮が約1.8mmですから、わずか2mmで

私達の肌を健康な状態に導いてくれています!

なので、スキンケアは優しく行うのが大前提!「ゴシゴシこするのはダメ」なのです(>_<)

 

 

そして、表皮と真皮には「お肌を健康で美しく保つ」ための色々な仕組みが備わっています。

今回は、その中でも【ターンオーバー】についてご紹介します。

 

 

●ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは、簡単に言うと「お肌の生まれ変わり」のサイクルのことです。

ターンオーバー サイクル

 

 

 

 

 

ターンオーバーは皮膚の一番外側「表皮」で行われています。

表皮の一番下にある基底層で作られた新しい表皮細胞が、

どんどん上に押し上げられて角層まで達し、最後には垢となって剥がれ落ちる。

このサイクルをターンオーバーと言います。

こうやって肌は生まれ変わりを繰り返しているのです。

肌が傷ついたり、乾燥したり、日焼けしたりしても、絶えず肌が生まれ変わりを繰り返している

ので、健やかな状態を保つことができているのですね!

 

 

●ターンオーバーの周期

ターンオーバーは約28日周期で行われると言われています。

ただし、この28日というのは20代のお肌の場合なんだとか(>_<)

年齢を重ねるとターンオーバーの周期は遅くなっていきます。

ターンオーバーの周期 = 自分の年齢 × 1.5

が目安です。※あくまで目安なので、個人差があります。

傷の治りが遅くなったり、シミができやすくなるのはこのためです。

 

かと言って、ターンオーバーは早ければ良いというものでもありません。

早すぎても、遅すぎても、美肌には近づけないのです。

 

【早すぎる場合】

ターンオーバーが早すぎると、まだしっかり育つ前の未熟な細胞が

角層まで上がってきてしまいます。

未熟な細胞は非常に脆いので、バリア機能が低下し、乾燥や肌荒れ、ニキビなど、

様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

 

【遅すぎる場合】

ターンオーバーが遅すぎると、角層が分厚くなり、それ以下の表皮は薄くなります。

そうすると、肌がゴワゴワしたり、くすんだり。乾燥や小ジワなどのトラブルを

引き起こしてしまいます。

 

 

健康な角質細胞を作り出せるように、一定のサイクルを保つことが大切(>_<)

不要な角質をためず、取り除くことが美肌への第一歩ですね!!

ただし、無理なピーリングなどで肌に必要な角質まで取り除いてしまうと、

ターンオーバーが早まってしまうので注意が必要です。

 

オススメなのが、

月に1回のシェービング \(^o^)/

③シェ-ブ2

 

 

 

 

 

シェービングは産毛を剃るだけにあらず!

不要になった老化角質も除去してくれるんですよ♪

「つるつる」&「もちもち」のお肌になれちゃいます!

 

 

ターンオーバーのサイクルを低下させないように、

ぜひぜひ、定期的なシェービングお試しくださいませo(*´∨`*)o

 

弾力のある美肌は○○のおかげですo(^-^)o

 

みなさん、こんにちは!

美容大好き♪Amazing Group広報担当の高坂です\(^o^)/

 

前回のブログでは、肌の一番外側にある「表皮」についてご紹介しました☆

今回はその表皮の下にある「真皮」といわれる部分について見ていきたいと思います。

 

この「表皮」と「真皮」の2つが

肌を健康で美しく保つのに重要な働きをしてくれているんですよ(*´∨`*)

 

●真皮とは?

97e646fb45fca26522156efd972a1033_m

 

 

 

 

 

 

真皮は基底層のすぐ下にある「肌の土台」部分のことです。

主な役割は、「肌の弾力やハリを保つこと」!

加齢によって真皮の働きが低下すると、肌を支えることができなくなり、

シワやたるみを引き起こします。。。

若々しい美肌を作るのに、とても大切な役割をしているんですね(☆☆)!!

 

 

●真皮の構造

真皮 肌構造

 

 

 

 

 

*コラーゲン…真皮の約70%を占める主要成分。

丈夫なタンパク質からできた「コラーゲン」線維が、

網目状に張り巡らされ、肌の弾力をキープしています。

コラーゲンの減少や変性によって弾力が失われると、

シワやたるみなどの肌老化を引き起こします。

 

*エラスチン…コラーゲンをつなぎとめる役割。

エラスチンは弾力のあるゴムのような繊維です。

コラーゲンのところどころを

つなぎとめるように支えています。

真皮の約5%ほどを占めますが、こちらも減少すると

シワやたるみの原因となります。

 

*ヒアルロン酸…隙間を埋めるゼリーの役割。

ヒアルロン酸は、コラーゲンやエラスチンが形成する網状構造の

隙間を埋め尽くすゼリー状の物質です。

ヒアルロン酸があることで、真皮構造を安定した状態に保つことができます。

水分維持力が高いのも特徴です。

 

*線維芽細胞…真皮内の成分を作り出す役割。

線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの真皮を構成する成分を

作り出しています。肌内部からハリや弾力が感じられるのは、この線維芽細胞が

活発に働いているということです。

しかし、紫外線や加齢の影響で数が減ったり、働きが衰えたりすると、

弾力が失われ、シワやたるみの原因となります。

 

 

●大切なのは…

肌の弾力を保つには、真皮の成分を作り出している線維芽細胞を元気にすることが大切です!

アンチエイジング化粧品には、たいていこの線維芽細胞の働きを活性化する成分が配合されて

いるので、シワやたるみが気になる方にオススメです☆

また、せっかく線維芽細胞がコラーゲンやエラスチンを作り出しても、

紫外線や酸化・糖化などの影響でそれらが変性し、シワやたるみの原因となってしまうこと

もあるので、注意が必要です。

□ 紫外線対策はしっかり行いましょう。

□ 酸化や糖化に気をつけましょう。

※酸化や糖化は以前のブログで詳しく紹介しています。そちらをご覧ください。

□ シワやたるみ予防には、線維芽細胞を元気にするアンチエイジング化粧品

を使用しましょう。

 

以上のことを意識して、ピンッとハリのある若々しい肌をキープしましょう\(^o^)/

 

わずか0.2mmで肌を守るんですっ( ̄^ ̄)ゞ

 

みなさん、こんにちは!

美容大好き♪Amazing Group広報担当の高坂です\(^o^)/

 

 

美肌を手に入れるためには、まずお肌のことをよーーーく知ることが大切です。

今回はお肌の一番上の部分「表皮」について見ていきたいと思いますっ☆

 

 

●表皮の構造

 

表皮といわれる部分は、外側から

1 角層(かくそう)

2 顆粒層(かりゅうそう)

3 有棘層(ゆうきょくそう)

4 基底層(きていそう)

という4つの層でできています。下の図のような感じですね!

表皮 肌構造

 

 

 

 

 

まず、一番下の基底層で表皮細胞が作られます。

その細胞が有棘層、顆粒層へと押し上げられていき、

最後に角層に達します。

そして古くなった角層の細胞(角質細胞)は剥がれ落ちていきます。

 

「基底層で新しい細胞が生まれ、その細胞は最後には垢となって剥がれ落ちる」

どんどんお肌は生まれ変わっていくということです。

このサイクルを【ターンオーバー】といいます。

 

 

 

●表皮の役割

 

表皮には、大きく分けて2つの役割があります。

*紫外線や外部の刺激から肌を守る

*肌の潤いを保ち、乾燥から守る

 

皮膚の最も外側にある表皮は、とても大切な役割を担っているのですね。

 

そして驚きなのが、この表皮。 厚さがわずか0.2mmしかないのです。

一番外側の角層にいたっては、なんと0.02mm\(◎o◎)/!

 

こんなにも繊細なのに、私達の肌を守ってくれているなんて。。。

これは大切に扱わなければいけません(>_<)!

 

 

 

●スキンケアで気をつけること

肌ケア

 

 

 

 

 

スキンケアで大切なのは、繊細な表皮を傷つけないように優しくケアすること!!

特に角層は、肌内部の水分が蒸発しないように守ってくれる『ラップの役割』を担っています。

その角層がダメージを受けてしまうと、乾燥しやすくなったり、ターンオーバーが乱れて

肌荒れしやすくなったりと、トラブルを招いてしまうことに。。。

 

□ クレンジングや洗顔の際、ゴシゴシ擦っていませんか?

□ タオルで顔を拭く際、ゴシゴシ擦っていませんか?

□ 化粧水をつけるときに、強い力で何回もパッティングしていませんか?

 

心当たりのある方は、残念ながら《肌を守ってくれている角層》を

傷めつけてしまっているかもしれません。。。

 

「摩擦は美肌の大敵」です。

今日からスキンケアを見直して、優しく正しくケアしていきましょう!

 

*クレンジング剤はケチらずにたっぷり使い、優しくメイクとなじませましょう。

*洗顔料はしっかり泡立て、泡でなでるように優しく洗顔しましょう。

*顔を拭く際は、清潔な柔らかいタオルで肌を押さえるように

水分をふき取りましょう。

*化粧水は手でつけると摩擦を軽減できます。優しく顔全体にのばし、

軽くハンドプレスして肌に浸透させましょう。

 

 

「ゴシゴシ擦らない」と意識するだけでも、スキンケアの仕方が変わってくると思います。

ぜひ、お試しくださいっ\(^o^)/

 

 

お肌のお悩みはAUBE hair&make千歳店ビューティースタッフまで

お気軽にご相談くださいませ☆

 

 

AUBE hair&make オーブ ヘア&メイク 千歳店
〒940-0082  新潟県長岡市千歳2-9-1
TEL:0 2 5 8 – 9 4 – 4 5 6 8

 

肌がキレイな人は ○○が ちゃんとしています☆

 

みなさん、こんにちは!

美容大好き♪Amazing Group広報担当の高坂です\(^o^)/

 

「美肌」「美肌」と言いますが、

そもそも「美しい肌」とは一体どんな肌のことでしょうか?

 

それは…

「“キメ”が整っている肌」のこと!!!

 

 

美肌=「キメが整っている」と言っても過言ではないほど、

キメは大切な存在なのです!

 

 

●キメとは?

表皮 構造 コピーライト有

 

 

 

 

 

お肌の表面には「皮溝(ひこう)」という溝と、

「皮丘(ひきゅう)」という盛り上がってる部分があります。

この凹凸のことをキメと言います。

 

 

●キメが整っている肌とは?

b5499b9a9644fcba709438e0047fd317_l

 

 

 

 

 

 

キメが整っている肌は、皮丘と皮溝によってできる三角形や四角形の模様が、

くっきり規則正しく並んでいます。

皮溝が深く細かい状態で肌に凹凸が少ないのと、皮丘に弾力があって適度に盛り上がり、

毛穴が目立たないのも特徴です。

まさに絹のようなすべすべお肌っ (o´艸`)♪

 

 

●キメが乱れている肌とは?

キメ 粗い

 

 

 

 

 

一方、キメが乱れてる肌は、皮丘と皮溝のバランスが乱れ、

本来あるはずの三角形や四角形の模様がぐちゃぐちゃに。。。

皮溝が浅くて太い状態で肌表面の凹凸が目立つのと、皮丘に弾力やハリがなくなり、

毛穴が目立つのが特徴です。

こちらは見るからにザラザラなお肌です。。。(T_T)

 

 

●キメが整うと、どんなメリットがある?

aede5923a4e2beeb6b753389134b9f53_l

 

 

 

 

 

*肌表面がツルンとなめらかに♪

*透明感UP!!

*光の反射で、キラキラ輝くような肌に☆

*ファンデーションのノリもよくなります!!

 

良いこと尽くめですね(*´∨`*)

ぜひともキメを整えたいっ\(^o^)/!!

 

 

とはいえ、美肌は1日にしてならず。。。手っ取り早くキメを整える方法はありません。

日々の生活習慣を整えることと、正しいスキンケアを行うことが、とても大切です。

 

そんなわけで、キメを整えて美肌になるために、

次回からは『お肌やスキンケアの基本』『お肌によい生活習慣』について

ご紹介していきたいと思います!

 

一緒に美肌を目指しましょう\(^o^)/

 

目指せ☆うるうる美肌! ~有効な保湿成分って?~

 

みなさん、こんにちは!

美容大好き♪Amazing Group広報担当の高坂です\(^o^)/

 

最近のブログでは、お肌やまつ毛の乾燥についてご紹介してきました☆

乾燥対策には、やっぱり保湿!!!

保湿には有効成分がたっぷり配合されている化粧品を使用した方が効果的ですよね♪

62a957cba3cc85e8152a8783aa4cba21_m

 

 

 

 

 

 

そこで!

今回は様々ある保湿成分の中でも

特に保湿効果の高いものをご紹介したいと思います(*´∨`*)

 

 

その名は、

【セラミド】

水分を保持し、蒸発させない役割を果たしてくれます☆

お肌のバリア機能も高めてくれるんですよ(*´∨`*)

 

 

●セラミドとは?

 

お肌の一番上にある角質層には、お肌から水分が蒸発しないように守ったり、

外部の刺激からお肌を守る役割があります。

 

角質層は「角質細胞」と「角質細胞間脂質」の2つからなります。

角質細胞が何層にも積み重なり、

その隙間をぴったり埋めるような形で角質細胞間脂質が存在しています。

角質層

 

 

 

 

 

この角質細胞間脂質がスポンジのように水分と油分を抱え込み、潤いを保っているのです。

お肌の潤いには欠かせない働きをしてくれているんですね。

 

その角質細胞間脂質の主成分が「セラミド」。なんと約50%を占めています。

ということは、「セラミド」はお肌の潤いを保つのに欠かせない成分ということ!

 

特に保湿効果が高いのが、

「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」と表記されているものです。

セラミドの後に数字がつくものは、実際に肌に存在するセラミドと同じ成分で、

浸透力も高く、刺激もありません。

 

 

 

私も実際に「セラミド配合」の化粧品を使用していますが、

細かい成分表記までは確認していませんでした。

 

「セラミド配合」と書かれていても、

セラミドと似た働きをする成分という場合もあります。

 

せっかく使うなら、より効果が高く、お肌に良いものを選びたい!

これからは、細かい成分表記もチェックしようと思います p(>_<)q

 

 

「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」

もしくは、セラミドの後ろに数字が表記されてるものがオススメです☆

 

セラミド配合の化粧品を選ぶ際は、ぜひ参考にしてみてください♪

 

一緒にうるうる美肌を目指しましょう\(^o^)/

 

 

 

お肌のお悩みはAUBE hair&make千歳店ビューティースタッフまで

お気軽にご相談ください☆

 

 

AUBE hair&make オーブ ヘア&メイク 千歳店
〒940-0082  新潟県長岡市千歳2-9-1
TEL:0 2 5 8 – 9 4 – 4 5 6 8